J2 C大阪 1-0 栃木:今季多分最初で最後の観戦

By | 2009/09/27

今日は長居競技場へ。横でのXリーグの「吹田マーヴィーズ v. アサヒプリテック ゴールデンファイターズ」を横目で見ながら…「吹田さんくす商店会」のテントを見て、なんだかいいなぁと思いながら…(吹田って旧内外ですね…)。ロビーシートへ。

昨年の森島引退試合以来。でもバスケット始まるとそっちなので。

前やその前のシーズンと比べてもいろいろ頑張っていて、演出もできることをどう頑張るかな感じで一所懸命なのが好感が持てました。

0927j1

1人で観戦だったので、プレーに対するリアクション以外は静かに見ていたのだけど、まさか、初めてはなった一言 “Shoot It!”の言葉の直後に、唯一の得点が生まれようとは。ゴール前シュートブロックからのクリアボールが、エリア外の石神ところに→プレースして軽く浮かせ気味のローロブでネットに。

GKもベースライン離れすぎてたしね…。

でも、まあ、引いてくるのは当然で香川が大事を取って休みということはあったけど、左ウイングが弱く、栃木のケアも広範大阪の右へのカバーで事足りていたし、後半15分過ぎからはカイオだけのがんばりが目立ち過ぎて、逆にケアが広くなりすぎて、乾ーカイオー石神の疎通がめちゃくちゃになって…。GKキムの飛び出しで失点しなかった時点で、ああ、もうこれは我慢サッカーだね、なんて思っていたら、もうその通りで…。本当にあの1本のチャレンジ様様。

前見た試合に比べれば、いいサッカーはしていたけど、やっぱり抜ける瞬間が極端で、それでも上に行くとしんどいなぁ、と思ってしまうのは仕方ないかなあと。香川がいれば違うのだろうなというのは、小松のところで何かつっかかる度に感じたし、仕方ないけどよく我慢した、というべきだなぁと。

これみよがしの抱っこディフェンスとかもあったけど、栃木がそれでもカウンターで脅かして、セレッソ(8本)を上回る10本のシュートだったけども…残念という感じ。

0927j2

試合が終わって、ロビーが「北2-0湘」というプラカードを持っておりました。北は違うでしょ、というつっこみはさておき、湘南は4位転落。残り9試合で2位仙台とは勝ち点4, 湘南とは勝ち点9差。昇格までマジック「7」…。

でもふた山、三山あるでしょうから、ここからチームの意識どう持って行くかですね、本当の正念場は。まず次の3試合で全体がどうなるか。

楽しみではあるんですが、あえてJ2に目をおかず、上でやればどうか、という意識で望んでもらいたいなぁ、というのは贅沢なのかも知れませんけど。

朗報を耳に出来ますように。

0927j3