LCCで国外へ。

By | 2012/08/03

8/1、Peachのキャンペーンでソウル日帰りするはずが、まあいろいろありまして、復路に間に合わず。で、ツーリストインフォメーションで空港近くのホテルを取ってもらって(でも送迎ありですが、片道車で15分でした)。

でPeachの韓国人職員に聞くと、「Eastar航空が安い、Peachは安くはないから」(ほんとにそうでした^_^;)、でもネットしか買えないので…とサイトを見ると、日本語サイトでは日本発しか買えないようになっていて。

仕方がないのでイースター航空の英語サイトから買おうとすると、ダイナースとアメックスが使えると書いてあるのに通らない。しかたなしにマスターカードで決済。

片道キャンペーンフェアで159,500ウォン。燃油と空港利用料が付いて、209,500ウォン…1万5千円を切ってしまいました…ちょっと驚き。チェジュ航空だと25万ウォン(1万8千円)、ピーチだと予約荷物なしでも2万円…。

で、サービスを見てみると、ピーチはキャンペーン運賃の場合は変更なし、払い戻しなし、荷物別料金、燃油特別加算は込み。イースターは払い戻しは場合によるようで、その辺も全く違いました。しかも荷物は15kgまで預託は無料。座席指定も空港到着早い者勝ち。荷物も実際には重量も確認しているようには見えませんでした。で燃油は別。LCC(ローコストキャリア)にもいろいろありますね。

実際韓国だと化粧品を頼まれるケースもあるけれど、機内持ち込みの場合は液体100ml制限があります。これが痛いなあと実は行きに思い出したという話で。

機内でもワンドリンク(水かオレンジジュース)が出るイースターと、なしのピーチ。ちょっとLCCと言ってもいろいろ違います。

しかもイースターは関空もインチョンもボーディングブリッジ使用…
足下も一般の航空会社と変わらないくらい膝回りに余裕がありました。

ただ…

Peachは日本の高い駐機料金、離発着料金があります。夜は日本で整備します。
LCC用ターミナルは事実上、Peach専用になるといううわさもあって、そういう関係が成り立たないとLCCが競争的にならない日本…

と考えるとちょっと寂しい話ですけどね。

ちなみにPeachは空港使用料は「手数料」という概念で、払い戻しはできないのだそうです(払い戻し不可能運賃の場合は)。そんなのピーチアビエーションのサイトには一切書いていないという…約款からも読み切れないという。

まーなんだかなーと、(ANA系列の会社ということもあって)当方とは相性が悪いのかなあという、いつものオチでした。