AAdvantage 2014 Platinum会員証到着。

By | 2014/01/15

今日、アメリカン航空から、マイレージプログラム AAdvantage の 2014年度 プラチナ会員証が到着。
米系航空会社は、上級会員にならないとこういう会員証を送ってこないですね。
一時はドイツやベルギーからだったのですが、今回はアメリカから(笑)。
まあ、最近は日系も同じですが、米系の場合カード自体(一般だと)非送付の場合もあるようです。

こういう極めて簡素な形で送ってきました。

DSC00048

封筒の中にはレターに貼った会員証と、あと、よかった従業員さんに対して手渡しや郵送するための「感謝カード」(8枚)。
以上。

特典は公式サイトを見てね、終了(笑)。
日系のように、最上級の次席では、特に目立った特典もありません(搭乗マイル加算2倍位)。最上級ならシステムワイドアップグレードが片道分8枚(国際線利用可能)が来ますけど、それも今や電子媒体。

あ、さりげに会員証に「2 million miles」と書いておりますけど、積算200万に到達済みなので、死ぬまでプラチナ会員だったりします。

事実この5年、フライトマイルは一つもアメリカンには付けていません。
マイルの維持にポイント移行とか、AAdvantage eShoppingを利用しています。加減算が1度でもあれば、そこから18ヶ月間全てのマイルが有効に維持されますので、そういう形で。でも1年で8000マイル増えてる… eBageの $1購入当り35マイルキャンペーンはでかかった…(苦笑)。

「なんでそれなのにJGC(JALグローバルクラブ)入ってるの?」
… 良く判りません(苦笑)

デザインもレターの文字も統一感ありますね。
USエアウェイズと統合されて、そのうちブランドも同じになるでしょう。
そのときは、フェニックスの「アメリカ・ウエスト・アリーナ」→「USエアウェイズセンター」は、また「アメリカン・エアラインズ・アリーナ」になるのでしょうか。
なら、マイアミとダラスとで混同しそうですね(苦笑)。
USエアのハブであるフェニックスとピッツバーグには行きやすくなる…のかな?

まあ。しばらく様子を見ながら考えることにします。