つくば、のたり歩き。

By | 2014/04/14

先週、つくばに行って参りました。
実は2回目ではあるのですが、それも25年位前のことで、研究所に行ったのみで、バスでそのままさようなら、ということで、中心部に伺ったのは初めてでした。

TXで秋葉原から45分。つくば駅まで1190円(片道)。
駅は地下駅で、上がったところにバスターミナルがあります。

P4120613

目立つのは西武百貨店。
歩いていくと西友もあります。

見たとおり、80年代に開発された感が強いです。

P4120612

目抜きから駅近の方のオークラ。先ほどと同じ印象を受けます。
歩いて10分ほどのところに、当方が宿泊したオークラフロンティアエポカルがあるのですが
それに付随していたのが…

P4110546

関西では姿を消した、ファミリーレストランCASAでございます。
西友・西武・CASA(西洋レストランシステムズ)… 共通するのは、「旧西武系列」ということ。
いまやそれぞれ、ウォルマート・セブン&アイ・川中商事と系列はバラバラになってしまっているようで、つくば万博で開発されたこの辺りの西武グループ華やかりし頃の残像が、街に色濃くのこっています。
CASAは店舗のほとんどがCoco’sに売却、運営継続した店舗も西洋フードサービスと分かれ、その間に会社も2回ほど売られてしまったようで…現在は日本に7店舗を残すのみ。

店内では Air Supply など80年代初期のAORが流れ、SEIYUでも80年代後半~90年代前半の洋楽が流れ続け…そういう選曲傾向は西武でも同じで、何かを懐かしむようでもありました。

しかし通りのメンテナンスは

P4120609

震災でこの辺りは大きな被害を受けなかったからか、細かい段差が放置されています。

人工的に作られたような街で、町中でお茶などをしてくつろいでいると、近くのグループの会話が耳に入り、機械工学の開発関連や、工学系大学生の技術的会話が聞こえてくるところは、特区として優遇され、関東に近い場所ならではという感じでしょうか。しかしながら前者は英語、後者は英語の必要性に触れるもので、今や外国語は不可欠ということを示しているようでした。

町中にはこのような看板も。

P4120610

実際に通っている光景にはお目にかかれずでした。

とても興味深い滞在でした。

あ、こんな看板も。
思わず、「とうだいどおり」と呼んでしまいがちですが…

P4120619

「ひがし・おおどおり」ですのでお間違いなきように。