WIMAX2+、NAD11発売でややこしくなるサービスの件

By | 2014/06/19

バスケットから離れて、通信の話になりますが… WIMAX2+の国産端末、待望のNAD11(NECアクセステクニカ製)が明日6月20日に発売になります。
今のところNAD11で最安というか有利なのは、@nifty にて 14,000円キャッシュバックを選ばず、NEXUS 7(2013) 32GB を貰う選択をするのが一番有利(端末1円+初期費用3000円+月3670円=税別)なようですが…(2014/6キャンペーン、7月以降は以下の通り)





まあそれはともかく、いろいろ過去HWD14という先行端末発売時に条件を付けたばっかりにややこしいことになっています。

そもそも速度制限について、UQ WIMAXホームページ上にこのようなことがかいてあり、混乱している部分があるようです。

    「HWD14」をご購入と同時に新たにご契約いただいた場合、「WiMAX 2+」通信に対し、最大25ケ月間は、通信速度制限は実施しません(ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信がご利用当月から以下の通信速度制限(月間7GB超)の対象外となります)。なお、ハイスピードプラスエリアモードの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の当月利用の通信量合計が7GBを超え、通信速度が送受信最大128kbpsとなった後、ハイスピードモードを選択し直しても、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信含め、当月中は「WiMAX 2+」「au 4G LTE」通信の通信 速度が送受信最大128kbpsとなります。

    また、当日を含まない直近3日間の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が1GB以上の場合、「au 4G LTE」通信速度を終日制限する場合があります(上記ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信が通信速度制限(月間7GB超)の対象外となる期間経過後も同様です)。なお、2015年4月以降、「WiMAX 2+」通信もこの終日制限の対象となることがあります(予定)。変更となる場合は、事前にお知らせいたします。

こう書いてあると、既存の「HWD14」だけが25ヶ月はWIMAX2+の月間利用量による速度制限をかけないかのようですが、UQに電話確認したところ、「NAD11」もこの25ヶ月7GB/月の速度制限の対象外、とのことでした。

しかしながら、両機種とも未確定ながら、WIMAX2+で「2015年4月以降の3日間で1GB/月の制限」の対象になる可能性はあるとのことです。

まあ、こういうややこしいことがある訳です。

現状、WIMAXでの利用で評判の余り良くない「HWD14」ですが、利点もあります。まず安いこと。Racouponでは24ヶ月契約で、2345円/月(8%税込)です。「NAD11」は WIMAXと「2+」のみで「HWD14」がLTEを使えます。14年8月以降は追加料金が必要になりますが、LTEを利用しても 3430円/月(8%税込)です。正直、割安です。LTEはauのエリアと同じですから、メリットは大きいです。

とは言え、WIMAX2+も、流石はauの2014夏モデルからは標準搭載になりましたので、10月末および1月末までの予定エリアは相当広がるようで…と、仙台~熊本辺りのエリアマップをつなげてみました。

めちゃ大きい画像なので注意してくださいね。
(4700×2800位…クリックで拡大)

WIMAX2+

まあこの薄いピンク(10末)と紫(1末)まで広げるというのですから、楽しみではありますよね。

当方は、WIMAXの1800円/月の契約が11月まで続くので、そのときのオファーで考えることにします。ひょっとするとそのときにはWIMAX2+も110Mbpsから220Mbpsへの増速が始まるかも知れませんしね。(当初は今秋予定でしたが、どうなりますが)

何分、進歩が速い分悩ましいです。