Blackview BV9500 Plus をルータ扱いで購入したら、思いの外すごかった件。(購入・開封・レビュー編)

By | 2019/10/20

Blackviewという香港メーカーの BV9500 Plus(スマートフォン)の購入経緯とレポートです。
パート1の続きです。

1. 購入検討のとっかかり
2. BV9500 Plus の特徴
3. スペック(主要規格)
4. 購入手順
5. オープンボックス
6. バッテリーの持ち
7. 思わぬ利点

ここでは4.~7.をお話します。

4.購入手順

調べたところ、このBlackviewというメーカーは、クラウドファンディングで新機種を事実上販売するか、オフィシャルストアが aliexpress にあり、そこで購入するかの二択であることがわかりました。
当該機種のBV9500 Plusは、もう発売されているので、後者のaliexpressでということになります。
で、見てみると、

グリーンが売り切れ!問い合わせても、入るかどうかわからないっぽい。
ということで、別の店を探し$237.98 (約2.6万円)で購入手続き。
恐ろしいことに送料は込みのことが多いんですよね(汗
しかもなぜか発送連絡があったときの国際特定記録郵便の、最後の2桁がSG(謎
その代わり、中国・香港発がこの手続きだと、9日~15日かかるのに、

たったの3日(汗
びっくりしました。

なお、aliexpress.com は rakuten.com (旧Rebates)で登録して、
当該サイトのリンク踏んで購入すると、2.75%のキャッシュバック(PayPal経由など)がもらえます。

5.オープンボックス

18日についたので、さっそく「Open the box!」


なにか背景が見たことある場所ですが、気にしないでおきましょう(汗


箱を開けると、電話機、充電器(中国のAC仕様)、USB-Cケーブル、安っぽいイヤフォン(汗)、取扱説明書が入ってました。


早速SIMを刺すべく、裏を見ると、SIMカードスロットの蓋は「ねじ止め」


早速SIM1に、iVideo(SoftBank)のSIMを刺します。SIM2枚刺さって、同時に待ち受け、データ・通話の使い分けも可能。
真ん中には別にMicroSDカードスロットまであります。
で、蓋を閉めるのに一苦労。
(某体育館の床にネジが転げて探す事2度(瀧汗

閉めて標準でplus.4g のAPNを認識していましたが、LTEのつかみ始めが悪く、hipriを加えてみたらあっさり認識。
当家周辺はSoftBankが空いてるので、106Mbpsでのダウンロードも可能に。


しかし、ソフトケースを付けたiPhone XS Max と比べてもこの厚みですよ、
モバイルバッテリーみたいですよね。

って「その代わりに買ったようなもの」じゃなかったっけ(笑

ということで4Gをつかんでめでたしめでたしとなりました。

6. バッテリーの持ち

実際にフル充電して、2019/10/19の午前8時より、スマホとPCのテザリング設定をして、テザリング常時状態にしてみました。
これがすごかった。

10/19 08:00 – 100%
   11:00 – 97%
   21:00 – 80%
10/20 02:30 – 70%
   08:00 – 63%
   23:40 – 40%
10/21 10:00 – 24%

なんと、50時間連続運用して、まだ24%残ってる。
多分、60時間(2日半)は可能ですね。
Huawei P30 Proが、スマホとして使用も平行して、12時間が限度と考えると、本当にすごいものです。

7.思わぬ利点

パート1にも書きましたが、思わぬ利点としてこういうことがありました。
なんとお風呂スマホに最適
IP69Kは高温での噴射に耐えることが分かっていますので、カバーなしで問題ないことになります。
くわえて、こんなことも発見されました。

水滴が画面についても、そのまま使用ができるのです。
これはとっても素敵

しばらくお風呂に持ち込む機械にしようかなと。
(あくまでも自己責任で)

最後に

まあ、こういう特徴を持った機械は、昔は日本から出たものですが、残念ながら今は中国(深圳他)・香港です。
この機種の残念なところを挙げると、CPUがHelio P70なので、テストベンチマークで、最新のものの1/4とかのスコアです。
なので動画など見るともっさりしていますし、操作自体も遅くはないですが、BV9500 Plusを使用したのちに、現行ハイエンド機を触ると、きびきび動くように感じると思います。

でも使えないわけでもないし、遅すぎるわけでもない。
しかも安い(2万円台)。

こういう選択肢は「あり」と思います。
まあ、覗くだけでも面白いですしね。

当面、ルーター扱いとして使っていこうと思います。
メインはHuawei P30 Proで(笑

それに、ね。
テザリングの子機側の表示を見てみると…

んん??

#2019/10/22追記

写真を2枚乗っけておきます。

Antutuスコアも足しときます。
Snapdragon660辺りとタイですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください