北米でのドライブ

By | 2003/11/11

今日はヒマなので、つらつらと書いてみる。
 
一応 200ユニーク/日 程度のアクセスのあるサイトを勝手に開設しているのだけど、そっちにはこっちを開いたことは書いてないし、こっちにもそっちのURLは書くつもりはないんですけどね…。
 
日本のドライブはあたしゃ嫌いでして、もちろん無節制に混んでいるし、マナーはなっちゃないし、道路はフェンスだらけだし。腹立つ事がしょっちゅう。前の会社は仕事で車に乗るのが頻繁だったことと、それを続けていく自信がなくなって、今の仕事に就いています。
 
でも、アメリカの都市間のハイウェイはなんかストレスが無いことが多い。たとえば今年9月にシンシナティ~コロンバスまでレンタカーで70mph(120km/h)位で走っていても、周りのドライバーは紳士的だし、安心できる。西海岸もそうで、LAでもフェニックスでも、運転で心配することって余り無い。間違ってワイパー動かすことぐらいしか。指示器出せば入れてくれるし、そうでなくても結構気を遣っている。もちろん事故や交通違反でも、車の保険料が跳ね上がることもあるのだけれど、結構コモン・ルールってのは、日本以上に守られている。
 
山を抜ければ、一面とうもろこし畑。で、バイクが走ってたりして。こういうのがドライブだって思います。日本じゃほんとにたまにしかお目にかかkれませんが。
 

カナダでもモントリオール~オタワとドライブすると、異常にでかい看板で「マクドナルドまで25km」。え? 25km? で、ほんとにそれまで何もないとか。そういうのもいいですね。ツーリングする人が北海道へ行きたがる理由も分かる気がします。
 
でも、ニューオリンズとか、トロントの中心部とかはあまり運転したくない街ではあります。でも今度することになるんだよなぁ…。
 
(写真は今年9月運転中に撮影…コラ)