缶コーヒー(2) ~付加価値っていったい?~

By | 2003/11/12

[関連 own Blog]
 
缶コーヒーに最近いらん付加価値がついてるの、ご存知ですか?
言われるとそれだなって思うんですが、妙な缶のディンプル(凹凸)感とか、
「ここの出っ張り気にならない?」とか。
 
いや、正直、気にならないんですけど(笑)。
味が最重要。でもマーケ上は、缶コーヒーは「手軽に飲むもの」らしいので。
そんなん願い下げしたいとこなんやけども。
 
先の関連ログでの「オールドビーンズ」で15gの豆を使用した、
の関連で、最近は「豆」を増やすと原価率が高くなるので、
缶で差別化しているんだそう。使えても豆は1缶8~10gだそう。
 
そんで「なすい」訳やね。
見てくれ隠せば七難隠す。
結構そういうこすいマーケティングは、まだそこここに残っているような。
 
#仕事せいよって? 一応資料確認中なんですが(^-^;)

4 thoughts on “缶コーヒー(2) ~付加価値っていったい?~

  1. wolfy

    ついでに。
    1缶120円って、所帯持ちの財布には、安いとも思えんのやけどもねぇ。
    安い豆うまく使うとかはせんと。
     
    なめられてるんかな?

  2. 桃紫ねむり

    某社の缶コーヒー、自販機で運がよければマスコットが当たるって。それにつられて飲みたくもない銘柄を買いつづけました。おまけに当たらないし・・・。

     中身じゃなくて宣伝にお金使いすぎではないかと。それから、砂糖も。

  3. BLOG @ Wolfy

    缶コーヒー(3) JTとドトール、提携したんですね…。

    [関連したBlog]

  4. wolfy

    確かにねぇ…CMには金かけすぎですよね。
     
    砂糖は朝は脳にいいんですけど、夜はちょっと考えてしまいますね。10%(重量)も入っているとね。

Comments are closed.