DT社、観戦抑制ワクチン開発に失敗。(2021/4/1)

By | 2021/04/01

関係者によると、ダブルテック社の開発中の観戦抑制ワクチンの開発が失敗に終わった模様です。

観戦抑制ワクチンとは、常習性のある観戦から、投与された人を守るワクチンで、DNAに直接作用することにより、金銭感覚を失わせ、観戦に必要な資金を残すことができなくなることにより、観戦を抑制する効果を期待するものでした。

関係者によりますと、ダブルテック社では予想しない副作用として「そもそも観戦を過剰にしており、事前に消費する資金がない」、「結果的に資金を消費する方法として、関心のなかった種類の興行観戦をより行なう」などが発生したことにより、このワクチンの開発を中止する見込み、とのことです。

ダブルテック社は、これで2商品のワクチン開発に失敗したことになり、資金枯渇により、市場から撤退することになる見込みで、市場関係者からは「作用機序から、そのような有害事象は想定されるもので、見通しが甘い」「そもそも最初の開発品がイ○ジン静注用だった時点で、文字通り『ダブルテク』で市場から退場すべきだった」という辛辣な声もあります。

※本日は4月1日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください