Bリーグ・B2のネット配信が消滅するかもしれない話。(2016/8/29解決)

By | 2016/08/22

バスケットボールのリーグが統一され、今季からBリーグとなり進歩することが期待されていますが、今のところ、残念ながら当初約束されたB1(1部)とB2(2部)の全試合中継ではなく、B1のみ全試合となりそうだという困ったことになっています。

そこで、過去の背景から、今後について、当方の思うところをお話させていただきます。

1.そもそも、B2の18チーム中13チームには元々中継があった
2.3月の記者会見で孫正義さんが、B1・B2を中継すると言った
3.アナウンスのないままに「B2」が消えた
4.そして、各所で間接的に「B1全試合」とアナウンスされる
5.今後

順を追って経緯をご紹介します。

1. そもそも、B2の18チーム中13チームには元々中継があった

Bリーグは、旧来のNBL(とその下部のNBDL)、bjリーグが統合してできた新しいリーグで、経営規模などからB1・B2・B3の3リーグに階層分けをしました。

正確には、
日本プロフェッショナル・バスケットボールリーグが、B1・B2で、
ジャパン・バスケットボールリーグがB3(アマも参加可能)という違いがあります。

新旧リーグの分類で言えば

    NBL/bj/NBDL
B1    8/10/0 =18
B2    4/ 9/5 =18
B3    0/ 4/5 =9

という構成になっています。

このうち、昨季までNBLとbjの両リーグの試合は基本的に全試合ネット中継が有料サービス(1620円/月)で別々に存在していました。つまり、B1は全チーム、B2は13チームにそのようなサービスがあったということです。

これらサービスは、実際にはスカウティングとしても利用され、各チームが費用を支払い映像を提供されていたという経緯もありました。

2. 3月の記者会見で孫正義さんが、B1・B2を中継すると言った

2016年3月10日、Bリーグのメインスポンサーの記者会見が行われました。その中でソフトバンクが同社サービスのスポナビライブを通して、Bリーグの「全試合」の中継を行うと発表されました。その後、質疑応答にて、「B1・B2は全試合、B3は検討中」との回答が孫正義さんよりありました。

インプレス AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/747570.html

ソフトバンクは、「有料放送」と「インターネット放送」の独占権を持ち、ライブ配信するのは、上記のうちB1/B2の全試合。B3の配信については「これからの検討になる」(孫氏)としている。

実際、3月10日のソフトバンクのプレスリリースにも、同様の記載があります。
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160310_02/
アーカイブ>http://web.archive.org/web/20160328194305/http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160310_02/

B.LEAGUE(男子プロバスケットボール)
配信開始時期:2016-2017シーズン開幕戦
ライブ中継の内容:B1(1部リーグ)、B2(2部リーグ)の全試合

[注]※ライブ中継の内容は現時点で配信を予定しているもので、変更となる場合があります。

この言葉を信じていたところがファンにはありました。
注意書きを軽く考えていたとも思います。

2016/8/22 22:10追記
その際の記者会見のビデオです。1:10:19にセットしています。B2配信について。
配信の権利については1:08:20辺りからです。

3. アナウンスのないままに「B2」が消えた

ところがアナウンスが無いままに、5月の下旬には早くも、スポナビライブの記載から「B2が消えた」と話題になり始めます。

実際ソフトバンクのスポナビライブ紹介ページの記載も

2016/4/12時点のインターネットアーカイブでは
https://web.archive.org/web/20160412132351/http://www.softbank.jp/mobile/service/sportsnavi-live/
20160822a

これが

今日時点のページでは
http://www.softbank.jp/mobile/service/sportsnavi-live/
20160822b

「2部が消えてる」わけですね。
このとき自分もいろいろ問い合わせましたが、なしのつぶて。

7月に某チーム筋から「B2の配信は調整中」との回答を得た方もいらっしゃいましたが…

4. そして、各所で間接的に「B1全試合」とアナウンスされる

2016/8/20 B2島根さんがイベントで貼ったポスターの件をコメントし急転します。

更には、これに関して@SBCareに問い合わせをし、返答が来た方が現れました。
(それまで5月以降の問い合わせで具体的な回答は一切ありませんでした)

ということで「現時点ではB2の(少なくとも全試合の)配信はない」予定が明確になりました。

5. 今後

問題点としては下記の内容の公開はしませんが、ネットメディアでスポーツ取材されている方の直近のネット上での記載で、Bリーグが「ソフトバンクにネット上での配信権の全てを与えているため、録画・録音を含め、ネット上での音声を含めた配信はできない」旨の通知を受けた方がいらっしゃいました。

ラジオ放送での Radikoなどのサービスについては不明ですが、有料放送について独占されていることも、先の AV Watch の記事にあります。
(http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/747570.html

ソフトバンクはBリーグの試合の放送について「インターネットの配信全般」および「有料の衛星放送」の独占的権利を得ていることがわかります。リーグ(チーム)が持っているのは、「地上波」および「無料の衛星放送」の権利のみということになります。 (8/23 0:00追記)

つまり、B2の配信権については、ソフトバンクが「飼い殺し」にしてしまえば「死蔵」されるのみです。

(なお、B3についてはソフトバンクが公式スポンサーとのしてのロゴ記載がサイト上に無く、先に挙げたとおりリーグ組織も別であることから、配信権はB1・B2とは別、と考えるべき状況にあると見ることができます)

ここから、求めていく方向としては

a.ソフトバンクにあくまでも配信を求める。全試合ではなくとも提供可能な試合の配信を求める

b.配信を行わないのであれば、他の配信権の譲渡を無償で認めるか、別途配信先を見つけていただき、ファン目線でのサービスを求める。

のが肝要ではないかと思います。

まず、Bリーグに一本化されて、オープンになった筈なのに、配信においては「あったサービスが無くなる」というクローズ化はおかしいと思います。
またスカウティングが基本無いゲームとなり内容も希薄化する可能性があります。

個人的には東北に関しては、現状B2参加チームの中で、観客数上位のチームが並んでいる状況で、また、東北でのソフトバンクのシェアは、19.6% (2016/6末)と、全国の25.0%より低く、インセンティブが付きやすい状況です。これを無視されるのは勿体無い。

(参考資料:電気事業者推進協会 事業者別加入者数 http://www.tca.or.jp/database/index.html

また、そもそも世間様からソフトバンクに求められているのはIT企業としてのサービスである筈で、ブラックアウトありきではないですし、そこからデータが取れるものと、第3者的には思われています。実際、ソフトバンクが「ARM」を買収したも「そう見られている」と思います。

しかし残念ながら、Jリーグが新規に契約するDAZN(参考:AV Watch http://www.footballchannel.jp/2016/08/19/post169923/)のようなゲーム中の解析能力も残念ながら日本は現時点では太刀打ちできていないですし、コンテンツの売り先=海外も視野に入れることはできていないため、契約金も(ソフトバンクでも驚きましたが)DAZNのそれは「桁違い」としかいいようのないものです。

日本のバスケットボールがアジアに取って魅力的に見えるような努力をすることも平行して必要とは思いますが、ソフトバンクの現在の姿勢は「底すらしぼめてしまう」もので、逆行する動きです。

そのような考え方を変えてもらえるように訴え続けるしか、方法論は無いと思っています。
皆さんは行動せずにただ我慢しますか? それとも動かそうとしますか?
後者であってほしいと私は思います。

----
Update 2016/8/22 17:15

1

このように、ソフトバンク・JBA・Bリーグに声を上げ続けることしか方法論はないと思います。
ーーー
Update 2016/8/22 19:20

ソフトバンクに要望を出す方がよさそうです。
ーーー
Update 2016/8/23 10:22

確かにそう思います。
ーーー
Update 2016/8/23 14:25

個人的には決定までと「決定後」の行動が引き続き必要かと思います。
ーーー
Update 2016/8/24 18:00


ーーー
Update 2016/8/29 22:35

無事Bリーグが公式に発表しました。B2までが原則全試合配信になりました。
ご尽力いただきました皆様、ありがとうございました。

https://www.bleague.jp/news/11316.html

スポナビライブ配信内容について

スポナビライブでは、2016-17シーズンのB.LEAGUE公式戦(B1,B2 リーグ戦及びプレーオフ)が全試合ライブ配信されます。
お客さま、報道関係者より多数お問い合わせがありましたので、ここに改めてお知らせいたします。
この秋に開幕を迎える男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」では、バスケットボールの魅力を伝えるべく、より多くの方に見ていただけるよう今後も露出拡大に努めて参ります。

※ライブ配信は試合開催会場のインターネット回線事情等により、やむを得ず中止となる場合があります。

2 thoughts on “Bリーグ・B2のネット配信が消滅するかもしれない話。(2016/8/29解決)

  1. ひさよん

    パソコンで観れないのが残念です。

  2. wolfy Post author

    どうやら10月末にもPC対応するみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です