1-1(某和訳:期間限定公開)

By | 2021/11/12

マティアス・フィッシャーさんは、なぜすべての選手がチームにとって重要なのかを語っています。西宮ストークスのヘッドコーチは、インタビューの中で、チームのケミストリーやメンタリティをどのように高めているかを語ってくれました。また、ヨーロッパと北アメリカのバスケットスタイルについても語ってくれました。

ストークス:西宮ストークスに移籍してから、チームはどちらかというと攻撃的で創造的なプレーをするようになりました。それはあなたが取り組んできたことですか?

マティアス:そうですね、これは一種の発展です。私が来日したとき、日本の選手たちは比較的シャイでした。彼らは責任を負いたがらず、少し躊躇していて、輸入者が仕事をすべきだと考えていました。私にとって、いわゆる「成功するバスケットボール」とは、全員が参加し、自分の役割を理解し、得点できることです。全員がディフェンスしなければなりませんし、ある選手が好調であれば、ボールをシェアして彼を見つけるべきです。それは必ずしもアメリカ人選手である必要はありません。私たちには良い選手がいますし、外からの素晴らしいシュートもあります。私は、全員がチームにとって重要であり、全員がチームのために何か良いことができるというこの文化を確立しようとしてきました。

ストークス:どのようにして選手たちのメンタリティを変えたのですか?メンタリティはどう変わりましたか?

マティアス:それはプロセスだと思っています。たくさんの練習をして、試合ごとに一歩ずつ前進していかなければなりません。2ヶ月や3ヶ月ではこのようなことは変えられません。これにはメンタリティが関係していて、「輸入品は得点しなければならない」「我々は彼らにボールを与えなければならない」というメンタリティで長い間プレーしてきた選手もいます。それを覆すために、日本人選手も得点しなければならないという特別なドリルを行ったり、日本人選手のためのシステムを用意したりしています。監督の哲学は、「全員が参加しなければならない」「全員が自分の役割を理解しなければならない」「全員がチームにとって重要な存在である」というものです。

ストークス:日本に来たきっかけは?

マティアス:私がアジアと初めて接したのは、ドイツのナショナルチームでした。私はA2代表のコーチをしていたのですが、中国に招待されました。14日間滞在して、8つの都市で8試合を行いました。とても興味深く、何人かの監督や選手とコンタクトを取ることができました。その後、私はASEANリーグから最初のオファーを受けました。アジアの可能性を感じました。私たちは良いバスケットボールをし、ツアー中も楽しむことができました。そして、日本の西宮ストークスからも最初のオファーがありました。日本のリーグは質が高いことを知っていたので、迷うことはありませんでした。トヨタアルバルクでコーチをしていたジョン・パトリックに聞いてみたところ、「日本に来るチャンスがあるなら、ぜひ日本の文化やリーグを体験してほしい」と言われました。妻も賛成してくれたので西宮に来て仕事を始めました。

ストークス:国も言葉も違いますが、最初の頃は選手とどのようにコミュニケーションを取っていましたか?

マティアス:そうですね。それが問題でした。中国での経験から、アジアの選手の多くは英語が堪能ではないことを知っていました。ほとんどの選手は英語をよく理解していますが、問題はいつも話す部分です。ここ西宮には、池野さんと朝子さんという2人の通訳がいます。二人とも英語と日本語を流暢に話します。
しかし、もうひとつの問題は、選手たちが自分の知識を共有しようとしないことでした。彼らのメンタリティは聞くだけで、話すことはありませんでした。よく覚えているのは、最初の頃のミーティングで、対戦相手のビデオを見ながら、「こういうときはどうやって守るのか」と聞いても、誰も答えてくれなかったことです。長い長い時間をかけて、ようやく選手たちがコミュニケーションを取るようになったのです。なぜなら、監督だけではなく、コーチには2つの目しかなく、すべてを見ているわけではないからです。コーチは2つの目しか持っておらず、すべてを見ているわけではありません。監督だけではありません。だからこそ、相手が何を考えているのかを全員が知らなければならない。どうやって相手の考えを引き出し、共有し、議論し、問題を解決していくか、最初はそれが最大の課題でした。
コーチはゲームに参加しない。とてもシンプルなことです。私たちは外にいて、私のタイムアウトは限られています。私は彼らを助けることも、時には怒鳴ることもできますが、最終的にコートでプレーするのは彼らプレーヤーです。彼らはゲームをしなければなりません。そして、私は彼らが問題を解決できるように準備しなければなりません。コミュニケーションが取れれば、それはとても簡単なことです。これは、プロバスケットボールの最大のテーマです。選手たちは、お互いにコミュニケーションをとり、尊重し合わなければなりません。
互いに尊重しなければなりません。大きな声で早めにコミュニケーションを取れば、20%は良くなると言ってもいいでしょう。相手が反応するチャンスがあれば、何か良いことが起こるでしょう。

ストークス:新しい選手を採用する際には、その選手の学歴や家族などを見るのですか?

マティアス:そうですね、これらのことはとても重要だと思います。
重要です。誰と契約するかを把握しなければなりません。私はヨーロッパで非常に良いネットワークを持っているので、多くのコーチやエージェントに電話することができます。私の主なゲームスタイルはヨーロッパのものですが、もちろん今は日本のバスケットボールとは異なるので、多少修正されています–NBAとヨーロッパのバスケットボールの中間のようなものです。このゲームでは、ちゃんとした輸入選手が必要です。私は常に、運動能力が高く、パスを出したり、状況を読んだりして、チームとしてプレーできるようなバスケットボールIQの高い選手を探しています。余分なパスを出すことは、チームにとって重要なことなのです。私たちは、アシスト数では最高のチームのひとつです。これが私の哲学です。選手にはボールを共有してもらいたいし、その結果、5人か6人の選手が2桁の得点を挙げてくれれば、チーム全体が関与していることになるので、とても嬉しい。
ヨーロッパのバスケットボールでは、1人の選手が40点以上を取って試合を制することはできないと思っています。今シーズンでも昨シーズンでも、ユーロリーグで40点以上取った選手はいませんでした。ディフェンスが徹底していて、ローテーションもしっかりしているので、ほとんどオープンシュートが打てないんです。チームが一丸となってボールをうまく動かしてこそ、オープンショットが生まれるのです。NBAの場合は、1対1の場面が多いので、少し違いますね。
ローテーションの状況も少し違います。

ストークス;NBAでは以前に比べて3ポイントシュートが多く見られるようになりましたね?

マティアス:そうですね、どんどん増えています。全体的にゲームが進化しているので、誰もが3ポイントシュートを多く打てるようになっています。私がプレーしていた80~90年代には、センターはシュートを打てませんでした。彼らの唯一のポジションはバスケットの下でした。今では、ビッグガードはみんな素晴らしいシューターです。クイックで、フットワークがよく、運動能力も高い。すべてを問題なく切り替えることができます。
すべてを問題なく切り替えることができます。日本では少し違っていて、日本の選手は少し小さいので、例えば1m80cmの選手が、2m08cm/120kgのシェイクとディフェンスしなければならないとしたら、問題が発生します。しかし、ヨーロッパでは、1m96cm、1m90cmのガードがいて、彼らは強いので、スイッチを入れても、日本のようなストレスはあまり感じません。だから、日本のディフェンスとはちょっと違うんですよね。

ストークス:ヨーロッパのバスケットボールはどんどん強くなっています。ヨーロッパのバスケが北アメリカのバスケを超えると思いますか?

マティアス:そうは思いませんが、ヨーロッパに良い選手がたくさんいるのは、バスケットボールの教育がとても充実しているからだと思います。クラブは素晴らしい仕事をしていますし、良いコーチもいます。個人では、早い時期からプロと対戦する時間とチャンスがあります。アメリカでは、NCAAで大学の選手同士が対戦します。ヨーロッパでは、潜在能力が高ければ、18歳ですでに3つのチームでプレーできるか、ユーロリーグに参加しています。ユーロリーグで大人の男性と対戦しています。つまり、多くの経験を積むことができるのです。ドンチッチを見てみましょう。スペイン人のポイントガード(訂正。スロベニア人で、かつてレアル・マドリードのユースでプレーし、現在はNBAのダラス・マーベリックスでプレーしています)。彼が16歳のとき、彼はすでに非常に高いレベルにいました。ヨーロッパでは、このような才能を持った選手は、できればプレータイムを得ることができます。
しかし、アメリカの大学選手は、もちろんNBAドラフトに向けて早く始めることはできますが、ドラフトで選ばれたり、すぐにプレーできるという保証はありません。バスケットボールを教えることと、高いレベルでプレーするチャンスがあることは、少し違う側面があります。現在、ヨーロッパ出身の多くの選手がNBAで活躍しています。フランス、ドイツ、スペイン……各国のナショナルチームの4分の3近くがNBAで活躍しています。レベルはどんどん上がっています。

ストークス:ヨーロッパのファンと日本のファンの違いは何ですか? ヨーロッパでは、選手が悪い試合をすると、ファンとの関係が少し難しくなることがあります。しかし日本では、たとえ試合に負けても、ファンはとても喜んでくれます。日本では、たとえ試合に負けても、ファンはとても喜んでくれて、笑顔で励ましてくれて、プレッシャーを与えないようにしてくれます。プレッシャーを与えないようにしてくれます。でも同時に、選手たちはプレッシャーを感じません。この違いによって、試合結果が変わるのか変わらないのでしょうか。

マティアス:これは間違いなく文化の違いだと思います。日本とヨーロッパのファンの行動の違いです。ヨーロッパのいくつかの都市、たとえばベオグラードでは、1万人もの非常にアグレッシブなファンがいて、歌い、踊り、すでに酔っ払って試合に臨み、雰囲気が盛り上がり、あなたがバスケットを決めるたびに叫んだり、時にはコートに物を投げ込んだりします。しかし、彼らは自分のチームが勝つために、可能な限りのことをしたいと思っています。私はドイツに戻って、テレコム・バスケッツ・ボンで経験しました。18,000人の観客の前でケルンと対戦しました。体育館に入った瞬間、鳥肌が立ちました。雰囲気が全然違うんですよね。また、代表チームでは、ジョージアで試合をしたとき、1万人の観客が集まったことがあります。そして、元NBAプロのザザ・パチュリアが、国民的ヒーローのように彼らのためにプレーしたんだ。あれはすごかった。彼がボールを持つたびに、みんなが叫んで拍手をしていました。…. ヨーロッパでは、アウェイでの試合に勝つことは非常に難しいことです。だから、ヨーロッパでは選手にかかるプレッシャーは確実に高くなります。生産性を高めなければならないし、国やホームクラブのために戦わなければなりません。日本では、ホームチームでもアウェーチームでも、どちらかというと応援するような雰囲気があるように感じています。それはとても良いことで、選手はサポートを受けられますし、選手にとってもストレスが少ないのです。ただ、今の日本では、ファンの声がどんどん大きくなっていて、ヨーロッパの状況と似ているところがありますね。

ストークス:日本でやるべきこと、やってはいけないことを外国籍選手に伝えたり、教育したりしていますか?

マティアス:そうですね、私の方ではすでにそうしていると思います。選手にインタビューするたびに…というのも、オフシーズンには新しい外国籍選手と契約しなければならないからです。各ポジションごとに、契約したい選手のリストがあります。もちろん、1番、2番、3番の選手を獲得できないこともあります。もっとお金が欲しいとか、違うクラブに行きたいとか、単に日本に移りたくないとか、理由はさまざまです。
日本に来たいという選手がいれば、私はその選手に電話をして、文化の違いや日本に来て何を期待しているのかを少し話します。生活や天気はどうか、練習はどうか、試合はどうか。ヨーロッパでもNBAでも、連続して2試合を行うことは世界のどこにもありません。ヨーロッパでは、選手を保護し、試合の質を高めるために、試合と試合の間に最低でも48時間の休みを取らなければならないというルールがあります。しかし、日本ではそのルールが非常に特殊なのです。日本では土日に試合があり、試合の間がが24時間もありません。体と心にストレスがかかります。ヨーロッパの選手たちはこの状況を理解し、日本ではこのように仕事をしているのだという事実を受け入れなければなりません。そしてもちろん、成果を出さなければなりません。
練習時間は少し違います。そして、60試合+プレーオフという試合数の多さです。ヨーロッパでは、国際リーグでプレーするときだけ、このような試合数になります。通常のリーグであれば、36試合とプレーオフがあって、48試合で終わりですよね。シーズンが終わってしまうのです。日本ではシーズンが長く、集中的に行われるので、選手は体と心を準備しなければなりません。

ストークス:昨シーズンはレギュラーシーズンで優勝したものの、プレーオフで仙台に敗れてしまいましたが、そのような心の傷からどのように立ち直りましたか?

マティアス:そうですね、とても辛かったです。感情のレベルが高くなって、ジムで泣いている人を見たこともあります。DJが失格して第1戦と第2戦の最後までプレーできなかったこと、フリースローの割合が50%以下だったことなど、状況は簡単ではありませんでしたが、結果的にはそれが結果につながりました。
すべては未来への教訓です。私たちはそこから学ばなければなりません。ダウンタイムを取りすぎてはいけません。最初の瞬間はもちろん足を引っ張ることもありますが、それよりも重要なのは、そこから何を学ぶか、どうすればもっと良くなるか、そして私がどうすればチームをより良く準備できるかということです。確かに、コーチや選手が学んだことはいくつかあります。
私たちはいつも選手たちに、フリースローの重要性、余分なフリースローを取ることの大切さ、そして試合への臨み方、アグレッシブさなど、精神的に鋭敏であることを伝えています…。すべてがシーズンの終わりにつながるのです。シーズンの最初の3ヶ月間に最高のバスケットボールをする必要はありません。シーズンの最初の3ヶ月間は最高のバスケットボールをする必要はありませんが、着実にそこそこのレベルのプレーをし、シーズンの最後、プレーオフに向けて準備をするときには、(チームとして)最高のバスケットボールをしなければなりません。これは、私たちがチームで一歩一歩実現したいプロセスです。正しい方向に向かって、良いディフェンス、オフェンス、そして素晴らしいチームケミストリーを持って、さらに目標を理解しながら成長していけば、必ずや最高の成果を得ることができると思います。

ストークス:非常に才能のある選手でも、最高のレベルに達することができなかったり、外からの影響を受けて長続きしなかったりする人はたくさんいます。どのようにして選手の足を地につけているのですか?

マティアス:私の経験では、最大のプレッシャーは常に潜在能力の高い選手にかかっています。彼らは幼い頃から、NBAや大金について語り始めます。これは、才能のある人にとっては逆効果です。才能は才能、つまりポテンシャルがあるということです。もちろん、お金を払うだけの価値があること、それを獲得できること、プレータイムを得られることを示さなければなりません。自分は才能があってNBAでプレーしているのだから、絶対に到達できるはずだ」と思って、努力をやめてしまう選手もいますが、努力なしに成功することはありません。
私がヨーロッパでよく目にしたのは、最もポテンシャルの高い選手が目標を達成できないことでした。人目につかない、肩に力の入らない2列目の選手たちが夢を叶えていたのです。彼らには努力する平穏さがあり、ローテーションに入るためにはもっと努力しなければならないことを知っていた。そして、その努力の結果、彼らは目標を達成したのです。実際、彼らは潜在能力の高い人たちよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮しています。いつもこうだとは限りませんが、数え切れないほどのケースで、これらのプレーヤーにとっては状況が楽なのです。ポテンシャルの高い選手には、良いコーチ、良いコミュニケーション、そして極めて強力なプログラムが必要なのです。ステップ・バイ・ステップ。最初の目標を達成してから次の目標を語る。このような心構えが、若い才能を持つ選手が成功するためには重要です
。私たちのチームには家族を持つ年配の選手もいるので、彼らの「パーティー」は家族の集まりが中心になります。若い選手にもパーティーをする権利はありますが、私がいつも提案しているのは、「適切なタイミング」ということです。土曜の大きな試合の前の金曜日にパーティーをする…これでは意味がありません。でも、試合が終わった後、お酒を飲んで少しリラックスするのは全く問題ありません。戻ってきたときには、リフレッシュして、新たなモチベーションになっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください