1-2(期間限定公開)

By | 2021/11/12

このエントリーは、こちらのPDFの4ページからの和訳です。

新しいパワーフォワードのシャキール・ハインズが西宮ストークスの”チームバスケ “について。シカゴ出身の彼は、最初に対戦したいくつかのチームとストークスの違いについて語りました。ヘッドコーチがインタビューで語ったように、ストークスは非常にヨーロッパ的なバスケスタイルをしていて、それをシャキールはとても楽しんでいます。

ストークス:アメリカ、スウェーデン、ギリシャなど様々な国でプレーする機会がありましたが、なぜ日本に来たのですか?

シャキール:自分のキャリアの中で、日本に来るのがベストなタイミングだと思いました。

ストークス:難しい選択でしたか?

シャキール:そうですね、特にここでは新型コロナのために厳しい状況になっていますから。去年のヨーロッパでの状況を考えると、かなり厳しいものでした。監督からは、日本でも同じだと言われていたので、家から遠く離れていることもあって大変でした。でも、自分のキャリアを前進させるためには、これがベストだと思っています。自分のキャリアが終わったときに、バスケットボール以外でやりたいことができるだけのお金を稼げていたらいいなと思っています。

ストークス: 短期間で一生分の生活費を稼がなければならないんですよね!?

シャキール:その通り、本当にその通りです。10年プレーできるのは幸せなことです。もし、34歳までバスケットボールをしていたらと想像してみてください。とても若いですよね。その後もやりたいことはたくさんあるから、いいバスケをして、世界を見て、お金も稼ぎたいと思っているんだ。

ストークス:世界を旅することは楽しいですか?

シャキール:絶対にそう! ギリシャもいいし、ドイツやハンガリーもいいし、今度は日本です。異文化を学ぶことはとても大切なことだと思っています。

ストークス:そうですね。ほとんどの選手は西宮出身ではなく、家族からも離れていますが、短期間でどのようにしてチームスピリットを築くのですか?

シャキール:確かに時間はかかりますが、プレシーズン中はたくさんの練習をしてきましたし、そうやってチームスピリットを築いてきたのです。時間はかかりますが、正しい方向に向かって一歩一歩進んでいます。

ストークス:まだまだ上達できると思うのはどの部分ですか?

シャキール:正直なところ、ディフェンス、オフェンス、リバウンドでもっと積極的になること、そんな小さなことです。ここでのプレースタイル、審判、さまざまな選手、そしてチームメイトについては、まだまだ勉強中です。自分ではうまくいっていると思っていますし、一試合一試合、毎日学んでいます。最初の1週間は、バスケットボールの面ではなく、物事を理解するという意味で大変でした。少し混乱していました。

ストークス:以前の経験と比べて、コミュニケーションや文化の面で大変でしたか?難しいですか?

シャキール :ここでは食べ物、旅行、コミュニケーションなど、すべてが極端に違います。でも、順応できると思っています。最初は難しかったですが、うまく適応できました。私は好き嫌いがないので、すべてがクールです。

ストークス:西宮での生活はいかがですか?

シャキール:少し時間があったので、スーパーやレストランに行くことができました。私たちは車を持っていませんが。自転車があるので、自転車で移動しています。でも、休みの日は素直に休んで次の日に備えたいですよね。でも、大阪には行ったことがあります。プレシーズンのときに2日間の休みがあったので、観光に行きましたが、とてもいいところでした。クールでした。

ストークス:食事はどうですか?自分で調整できましたか?

シャキール:ヨーロッパに行った時は、「この食べ物はクレイジーだ!」と思ったし、アメリカ風のレストランもないし、ほとんどないし、こっちに来てからもクレイジーで、さらに大変です。毎日、自分が何を食べているのかわからなくなってしまうんです。シンプルにするように心がけていて、たまに料理もしますが、ちょっと手抜きしたいときはオンラインで注文しています。

ストークス:ヨーロッパ、特にあなたがプレーしたギリシャでは、ファンの熱狂ぶりを目の当たりにしましたが、こことは全く違いますね。日本の雰囲気はどうでしょうか?

シャキール:あなたがおっしゃったように、ヨーロッパ、特にギリシャでは、ファンがあなたや監督、組織にプレッシャーをかけてくるので、精神的に強くないと大変なことになることがあるんです。ここでは、ファンはとても親切で、彼らのために勝ちたいと思うものです。これは私のキャリアの中で良いことだと思います。なぜなら、私はバスケットボールというゲームをよく知っているし、自分がどんなプレーヤーでどんな能力を持っているかも知っているからです。ファンからも信頼されています。信じられないかもしれませんが、すべての選手は良い結果を出したいと思っていますし、もちろんすべての試合に勝ちたいと思っています。だから、ファンがそれを理解してくれているのは素晴らしいことだと思います。I
私はそれが大好きです。

ストークス:どの選手もSNSで厳しいコメントを受けることがありますが、自分で対処しなければならないことなのでしょうか?

シャキール:そうですね、自分で対処しなければなりませんが、それは自分が十分に成熟しているかどうかにかかっていると思います。でも、それはあなたが十分に成熟しているかどうかにかかっていると思います。私はただそれを受け入れ、前に進みます。それがプロセスです。

ストークス:現在、ストークスで行っているバスケットボールのスタイルについて少し教えてください。ストークスではどのようなバスケをしていますか?

シャキール:今まで対戦してきたチームとは全く違います。ほとんどが皆一緒にプレイしていて、外国籍選手も自由にプレイしています。でも、これまで対戦してきた他のチームは、輸入選手に頼っていて、彼らがすべてなんです。ここでは、私が慣れ親しんできたチームバスケをすることができます。彼(マティアス)がヨーロッパ出身のコーチであることは、そのようなプレーをしていることからもわかります。一緒にプレーするのは確かに楽しいですね。私が慣れ親しんだバスケットボールは、一緒にプレーしながらも自由があるというものですからね。

ストークス:ヨーロッパとアメリカのバスケットボールの違いは何ですか?

シャキール:面白いことに、僕はヨーロッパでたくさんプレイしてきたので、今ではヨーロッパのバスケットボール選手のようなものです。ヨーロッパではすべてのポジションが重要です。どのポジションも重要なので、一生懸命練習して、チームとしてプレーします。勝利がすべてです。アメリカでは、みんな少し自分勝手なところがあると思います。レベル的には、アメリカの方が少し才能で優っていますが、一方、ヨーロッパでは、みんなで協力してプレーすることや、正しい方法でプレーすることを教えてくれます。

ストークス:今シーズンの目標は何ですか?

シャキール:毎試合、より良いプレーを続けていくことを期待しています。私たちは良いチームです。私の意見では、私たちはリーグで一番だと思っていますが、正しい方法でプレーし続け、一緒にプレーしなければなりません。でも、決勝に進出したり、B1に上がったりといった目標は確実にあります。

ストークス:Bリーグに移る前に、ここ(日本)に友達はいましたか?

シャキール:B2でプレーしていて、今はB3にいる友人がいるので、移籍前によく話をしていました。また、B1にも友人がいます。プレシーズンでそのうちの一人と対戦することになったのですが、これもクールでした。

[AD]


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください