東京のオリンピック開催地選定プレゼン:「…。」

By | 2009/10/02

たまたま、2016年の夏季オリンピックの開催地選定の東京のプレゼンテーションを見ていた。
フジテレビNEXTでは15時半からずっと総会の様子を生中継していたんで。

内容は内容なのだけど、
内2名ほどの登壇者の英語の表現力が無かった…
というならまだしも…
…幼稚に見える「強勢」をしていた。

大事な部分は単語をはっきり発音するなど、格調高い訴え方があるのだけど、
嬌声のようなプレゼンになっているケースが男女1名ずつあった。
鳩山さんとか、室伏さんや、15歳の三科さんなどのそれは、表現として非常に良く、強く訴えていたのだけれども…。

JOCの立場の方の箱があるから大丈夫的な「箱物行政」なプレゼンとか、
理念を訴えるなら、そちらから彫り下げて回答すればいいのにとか。
質疑も質問に答えていないものもあったり(賛成が80%を超えたと、IOC調査後に1万人に行った電話調査の結果で出ていると言えばいいのに、曖昧に回答したり)

少しネガティブな印象を持つ人が多かったかも、という気が。
1回目で落選したら、それが悪影響したのは間違いないと思うけど、
生き残ったら、あとは心理戦なのでねぇと。

#結果が出る前に書かないとね。